空いた時間ですぐ行ける札幌と近郊の観光スポットを紹介いたします!

English »

サケのそ上を見て、海の恵みを味わう1日[石狩市]

サケのそ上を見て、海の恵みを味わう1日
石狩市厚田区で海と川を楽しむ1日。
午前はサケのそ上を見学して、朝市に出かけます。
ランチは海鮮ラーメン、またはミシュラン寿司店で。
午後は周辺のスポットを巡ります。

10:00 真近でサケを見る①サケのそ上ウォッチング

▲バシャバシャと音をたてて上るサケ

厚田川の支流・牧佐内川には秋、たくさんのサケが上ってきます。海を数年間回遊して、故郷の川に産卵のために戻ってくるサケ。その数数千匹が見られます。

▲生きているサケ

観察に適しているのは「厚田公園キャンプ場」の手前。夏季の営業を終えたキャンプ場内にも、観察ポイントはあります。

▲手前には「ほっちゃれ」が

川では産卵を終えて生命を使い果たした、いわゆる「ほっちゃれ」と呼ばれる死骸もあります。あたりはこのにおいが漂っていて、凄惨な生命の循環を感じることができます。

>サケのそ上ウォッチング

約2.5㎞ / 車で5分

11:00 漁港に揚がった新鮮魚介類を購入②厚田港朝市

▲港の横で開催される朝市

厚田漁港の隣りでは10軒近くの店が集まり、朝市が期間中毎日開催されています。春のカレイやヒラメにはじまり、夏はウニ、秋にはサケやソイが並びます。

▲新鮮な魚介類が格安に並ぶ

漁師さんたちから、おいしい食べ方などを聞きながらお買い物もたのしいひと時。

>厚田港朝市

約200m / 徒歩で3分

12:00 厚田ならではのランチを③浜ラーメン・寿司

▲浜ラーメン

厚田でのランチはその日の気分で。写真は「食事と民宿 八幡」さんの浜ラーメン。厚田で穫れたマメイカ・サケ・シャコ・ホタテ・タコ・エビなどが乗った塩ラーメンです。すり鉢に入ったボリュームいっぱいです。

▲地元の寿司店

寿司が食べたいなら「かねとも寿し」さんへ。ミュシュラン本に掲載された人気の寿司店。開店前からお客さんが並んでいます。ネタやシャリが無くなり次第閉店するので早めの来店が必要。

>八幡
>かねとも寿し

約500m / 車で3分

13:00 日本海が一望できるビューポイント④厚田公園・恋人の聖地

▲展望台からの眺め

厚田公園に車を止め、少々ながい坂を上りきると厚田公園展望台があり、ここからは日本海が一望できます。

▲展望台からの眺め、その2〜雄冬方面
▲展望台からの眺め、その3〜日本海、正面
▲展望台・恋人の聖地

展望台は「恋人の聖地」として、2006年に北海道認定第1号として認定。以来、多くのカップルが南京錠をかけにやってくる場所です。

▲南京錠やプレートがたくさん掛けられる
▲厚田資料室

「厚田資料室」は厚田出身の4人の著名人である、佐藤松太郎(鰊漁の網元)・子母沢寛(時代小説家)・戸田城聖(創価学会第2代会長)・吉葉山(第43代横綱)の4氏を紹介しています。

▲厚田公園

丘の斜面を利用した厚田公園では、散策の他、パークゴルフも楽しめます。

約100m / 徒歩で1分

15:00 お土産や軽食も⑤あいロード夕日の丘観光案内所

▲国道231号線に面している

「あいロード夕日の丘観光案内所」は日本海を望めるビューポイント。ここは、日本海や、そこに沈む夕日を見られる絶好ポイントです。

▲テラス席からの眺望
▲店内

店内には、厚田産の野菜や手作り味噌、トマトジュースなど地域の物産がいっぱい販売されています。一角には食堂スペースもあり、「厚田そば」や「望来豚(もうらいとん)カレーそば」なども味わえます。「恋人のソフトクリーム」もぜひ味わいたい一品。

>あいロード夕日の丘観光案内所

取材後記

お天気がいい日のドライブでは、海を見ながら走ることができます。時間に余裕があれば、日没の時間を調べておいて、サンセットショーを見て帰えりたいところです。

写真・文/花岡俊吾(北海道宝島旅行社)

ようこそさっぽろ
北海道石狩振興局
すすきの観光協会
スイーツ王国さっぽろ
コンベンションビューロー
札幌市公園緑化協会
石狩観光協会
サイトDEさっぽろ 札幌商工会議所主催 札幌観光情報サイト
茨城空港
北海道どさんこプラザ
■北海道内の観光関連サイト

■観光イベント公式サイト

■交通関連サイト
■北海道外の観光関連サイト

■スポーツ関連サイト

■新千歳空港と就航路線のある空港サイト
■札幌市内の観光関連サイト

■宿泊施設・ホテルサイト