空いた時間ですぐ行ける札幌と近郊の観光スポットを紹介いたします!

English »



湿度が低いカラッとした気候の北海道ほど、ビールがよく似合う土地はないだろう。国内最大級といわれる夏のさっぽろ大通ビアガーデンには、例年多くの来場者が訪れてビールを楽しむ。
製造においても、サッポロビールをはじめキリンビールやアサヒビールなどの大手ビールメーカーが札幌圏内の工場でビール製造を行っている。
札幌とビールの深い結び付きをたどると、その歴史は明治初期にまでさかのぼる。マチ中の面影を残すスポットを訪ねてみれば、いつものビールもより味わい深く感じられるはずだ。


北2東4“ビイル”という酒が初めて作られた聖地

 1876(明治9)年9月23日、開拓使麦酒醸造所開業式(北海道大学付属図書館所蔵)


■ 誕生は今から137年前

西洋化が進む日本において、ビール製造は有望な産業になり得る―。そう判断した明治政府により、サッポロビール前身となる開拓使麦酒醸造所が現在のサッポロ ファクトリー(中央区北2東4)の場所に開かれたのは、1876(明治9)年のこと。 以来、1989(平成元)年に北海道工場が札幌近郊に建設されるまで、同社のビール 製造はすべてここで行われていた。赤れんが造りの外壁と黒い煙突が開拓使時代の 面影を残す醸造所では、現在も開業当時のレシピそのままの「開拓使麦酒」というビールが作られている。




■ ビールに選ばれし土地

「麦とホップを製すればビイルとゆふ酒になる」とは、開業当初に使われた宣伝文句。これは、北海道ならばビールの原料となるホップが自生するうえ、大麦栽培に も適しており、冷涼な気候であること、そして今も製造に使われる豊平川の伏流水 が豊富にあったからこそ生まれたフレーズだ。大規模なビール作りの地として選ばれた “札幌”は、ビール製造の好条件がそろったまさに聖地と呼ぶのにふさわしい場所だったと言える。

 札幌開拓使麦酒醸造所は大正時代にレンガ造りになり、今もその面影を残す


■ 最後はやっぱり“生”をグイッと

札幌開拓使麦酒醸造所から車で5分ほどの場所にあるサッポロビール博物館では、サッポロビールのみならず日本のビール産業史を知ることができる。ここ一帯は、 開拓時代に味噌や塩、材木などの工場で栄えた工業団地であり、いわば北海道のものづくり精神の中心地でもあったのだ。 札幌のビール製造の聖地が北2東4界隈であるならば、ビール飲みの聖地として忘れてはならないのは、北海道最古の商店街のひとつである狸小路だろう。1914(大正 3)年開店の現存する北海道で最も古いビヤホール、ビヤホールライオン狸小路店があり、ライオン創業から110年以上こだわり続ける注ぎ方で生ビールを提供してくれる。
一方これらのほかに見逃せないのが、各地域限定で製造する個性的な地ビール各種。
そして、えこりん村で味わえる恵庭産大麦を使った「恵庭の星流」のように、地元産原料にこだわったビールだ。以上を見ても、さっぽろのビールは実に特色が豊かだということがわかる。自分好みの一杯を見つけに出かけみてはどうだろう。

 当時販売されていた札幌冷製麦酒は、今の価格で約3000円。
開拓使のシンボル五稜星(ごりょうせい)はサッポロビールに継承されている

   

札幌開拓使麦酒醸造所・見学館

かつて開拓使麦酒醸造所だった場所に作られたブルワリー。醸造釜やビールの歴史の展示が見学できる



■DATA

  • 住所:札幌市中央区北2東4 サッポロファクトリーレンガ館1F
  • 電話:011-207-5000(サッポロファクトリー)
  • 時間:10:00~22:00
  • 休み:なし
  • 価格:無料
  • 駐車場:1850台(最初の60分まで無料、以降30分ごとに100円)
  • 交通:地下鉄東西線バスセンター駅から徒歩7分

ビヤケラー札幌開拓使

ビール貯蔵庫を改装したビヤホール。札幌開拓使麦酒醸造所のビールが飲める。ジンギスカン(1,300円)



■DATA

  • 住所:札幌市中央区北2東4 サッポロファクトリーレンガ館1F
  • 電話:011-207-5959
  • 時間:11:00~22:00(LO21:30)
  • 休み:なし
  • 席数:540
  • 駐車場:1850台(最初の60分まで無料、以降30分ごとに100円)
  • 交通:地下鉄東西線バスセンター駅から徒歩7分

サッポロビール博物館

開拓使麦酒醸造所からサッポロビールになるまでのさまざまな資料を展示。ビールの試飲(200円)ができる



■DATA

  • 住所:北海道札幌市東区北7東9-1-1サッポロガーデンパーク内
  • 電話:011-748-1876
  • 価格:無料
  • 時間:9:00~18:00(入館は17:30まで)6/1から10:30~18:30(入館は18:00まで)
  • 休み:月曜日(祝日の場合翌日)
  • 駐車場:200台(無料)
  • 交通:札幌駅北口2番出口より専用バス(200円)乗車。8分

地ビールの世界

【札幌】 札幌開拓使麦酒・賣捌所(うりさばきじょ)

130余年の堂々たる風格

1876(明治9)年の創業以来、日本のビール造りの歴史を切り拓いてきた、レンガ色の建物とシンボルの煙突が趣深い醸造所。開拓使時代から変わらない製法で作られるロマンあふれるビールだ。

ここで飲める!ビヤケラー札幌開拓使・賣捌所

  • 住所:札幌市中央区北2東4-1-2
  • 電話:011-207-5555
  • 時間:11:00~22:00(ビヤケラー)、賣捌所~20:00 休み:不定
  • 販売先/サッポロファクトリー産直工房こぶしや(レンガ館2F)サッポロビール博物館売店、サッポロビール北海道工場売店
[左] 開拓使ビール(ピルスナー)

創業は1876(明治9年)年、開拓使時代の味を再現


[右] 開拓使ビール(アルト)

程よい苦味とまろやかな口当たりが特徴

【札幌】 薄野地麦酒

すすきのど真ん中で製造

ドイツ産下面酵母ビール用の酵母を使い、仕込み水にはマイナスイオンの水処理を行ったミネラル分豊富な八雲町の熊石深層水を加えている。ルスツリゾートで販売する未ろ過の樽生「ルスツ地ビール」も製造。

ここで飲める!札幌開拓使麦酒醸造所賣捌所

  • 住所:北海道札幌市中央区北2条東4 サッポロファクトリー
  • 電話:011-207-5959(代)
  • 時間:11:00-20:00
  • 休み:なし
ススキノビールピルスナー

※販売価格は施設ごとに異なります

【江別】 ノースアイランド

カナダ仕込みのブルワリー

カナダで修業をした2人のブルーマスターがモットーとするのは、機械だけを頼らず人の感覚を大事にして醸造すること。1回1000リットルという少量の仕込みで、1本1本に魂を込める。奥深い味わいにファンが多い。

ここで飲める!Beer Bar NORTH ISLAND

  • 住所:札幌市中央区南2東1-1-6 M‘s二条横丁2F
  • 電話:011-303-7558
  • 時間:18:00~24:00
  • 休み:月曜日、年末年始
  • 販売先/酒のたなか(札幌)、林数男商店(江別)、山田商店(江別)、地酒のおおつ(江別)、さっぽろ東急百貨店など
[左] I.P.A.インディアペールエール 550円,700円

柑橘系の爽やかな香りのアメリカンホップを使った、鮮烈な香りと強い苦味


[右] ヴァイツエン 500円、650円

江別産小麦「ハルユタカ」を使ったフルーティーな香りが特徴で女性にも人気

【千歳】 北海道ビールピリカワッカ

名水を使ったピュアな味

アイヌ語で“きれいな水”の意を持つ「ピリカワッカ」の名前通り、環境庁名水100選に選ばれた千歳の水を用いている。色、コクなど個性を引き出す数種類の麦芽を使い分け、必要以上にろ過せず酵母を生かす。

ここで飲める!ビア・ワークス・ちとせレストラン

  • 住所:千歳市東郊1-7-1
  • 電話:0123-26-0071
  • 時間:11:30~22:00(LO21:30)
  • 休み:年末年始
  •  ※ほか、札幌市内飲食店でも提供店あり

[左] ピリカワッカピルスナー

上質なホップの苦味とスッキリした喉ごしで飽きがこないビール。新鮮な味わい


[中] ピリカワッカヴァイツェン

大麦麦芽と小麦麦芽から作った白ビール。フルーティーな味わいは女性にもおすすめ


[右] ピリカワッカスタウト

クリーミーな泡立ちの中に、ホップの苦味がきいた黒ビール。ほろ苦くて爽快感あり

北海道麦酒醸造

地元素材を生かした地ビール開発を手掛けている醸造所。仕込み水に、岩内湾沖300m以深の低温でキレイな日本海岩内海洋深層水を使うのがこだわりのひとつだ。

ここで飲める!しんしのつ温泉 たっぷの湯

  • 住所:新篠津村第45線北2
  • 電話:0126-58-3166
  • 時間:売店 8:30~21:00、レストラン 11:00~20:00
  • 休み:第3月曜(祝日の場合翌日)※7~9月はなし
新しのつ麦酒(ピルスナー)

主原料に新篠津産の米と麦を使って作ったビールで、クセがなくて飲みやすい味わい


ここで買える!石狩観光協会

  • 住所:石狩市親船町107(石狩市観光センター内)
  • 電話:0133-62-4611
  • 時間:8:45~18:00(時期により変更有)
  • 休み:年末年始
石狩番屋の麦酒 ゴールドラガー

石狩産の米を使った柔らかな風味と深い味わいの麦芽がマッチ


ようこそさっぽろ
北海道石狩振興局
すすきの観光協会
スイーツ王国さっぽろ
コンベンションビューロー
札幌市公園緑化協会
石狩観光協会
サイトDEさっぽろ 札幌商工会議所主催 札幌観光情報サイト
茨城空港
北海道どさんこプラザ
■北海道内の観光関連サイト

■観光イベント公式サイト

■交通関連サイト
■北海道外の観光関連サイト

■スポーツ関連サイト

■新千歳空港と就航路線のある空港サイト
■札幌市内の観光関連サイト

■宿泊施設・ホテルサイト